調味料のゲーム雑記

ゲームの感想・考察(スプラ多め)

スプラトゥーン2 ガチマッチ立ち回りの基礎 今日から使える基本中の基本

time 2018/09/05

スプラトゥーン2 ガチマッチ立ち回りの基礎 今日から使える基本中の基本

立ち回りや戦い方をまとめているサイトは数多くありますが、

端的だったり、説明不足だったりするものが多い気がしたので、私的な立ち回りをまとめてみました。

ここでは、ルール関係なしに覚えておくだけで使える基本中の基本を中心におさえていきます。

 

基本その1 ガチマッチで勝つには生存せよ!

ガチマッチではオブジェクト(エリアやホコ)を進めたり、守ったりすることが基本になってきます。

では、オブジェクトを進めたり守ったりするにはどうすれば良いのか。簡単です。

キルをして相手の人数を減らせばいいんです。

 

人数が減れば、塗り状況が良くなり、ヤグラやホコが進みやすくなります。エリアを守ることへも直結します。

また、人数有利になれば、キルを取りやすくなり、相手のスペシャルゲージを減らし、逆転を難しくします。

つまり、キルを取れば取るほどガチマッチでは有利になるのです。

 

「でも、そんな大量にキルなんか取れないし」という方もご安心を

キルを取れば有利になるということは、裏を返せば

デスをしなければ不利になりにくいということなのです!

 

生きてさえいれば、塗りを維持して攻めやすくなります。

スペシャルも貯まって打開のチャンスを掴みやすくなります。

引くことを覚えろカス」という先人の有難いお言葉にもあるように、

状況によっては、引いて生存を優先することも重要です。

ガチマッチでなかなか勝てないという人は、まず生き残ることを意識してみましょう。

 

基本その2 スペシャルを合わせて打開しよう!

「打開」 プレイ動画を見る人はよく耳にすると思います。

打開とは言葉の通り、困難な状況を打破することです。

では、困難な状況とはなんでしょうか。

わかりやすい例を出すと、

復活地点付近まで敵が来ていて、マップのほとんどが相手のインクに染まり、相手のカウントが進んでいる

ような状況です。(ここまで行くとノックアウトされてしまいそうですが)

 

このような状況ではまず、カウントを止めないといけません

カウントを止めるためには、キルを取る必要があります。

しかし、スプラトゥーン2では、塗り状況の良さ=戦いやすさなので塗り返しも必要です。

そこで重要になってくるのがスペシャルウェポンです。

 

大抵のスペシャルウェポンは、キルが取りやすかったり、キルが取れなくても前線を押し上げるほどの圧力があります。

例えば、ボムピッチャーやアメフラシは留まるとキルされてしまうので動くことを強制します。

ハイパープレッサーやジェットパックは技術さえあれば、キルを狙って取れます。

しかし、スペシャルは1人しか狙えなかったり1対多の場合返り討ちにあったりしてしまいます。

そこで、複数のスペシャルを合わせることで、キルを取りやすくし、一気に前線を押し上げるのです!

 

じゃあ、どうやって、どこで、いつ合わせるの? これは突き詰めるとキリがないので、

とりあえずは、スペシャルを同時に使うことを意識しましょう。

その中で、自然とスペシャルの使うべきタイミングが見えてくると思います。

 

また、打開時には絶対に生存しましょう。

相打ちになって敵を倒しても、残った敵にスーパージャンプしてきて前線を維持されたり、

人数有利が作れず、打開そのものを失敗したりする恐れがあります。

とにかく打開時には絶対生存を意識しましょう。

 

基本その3 オブジェクトに関わる動きをしよう

基本その1ではキルをすれば有利になると言いましたが、これはあくまでも有利になるだけです。

もちろん勝負を優勢に持ち込むことで勝ちに近づくわけですが、オブジェクトを無視して戦っていては勝てません。

 

例えばガチヤグラでは、ヤグラに乗って、ヤグラを進めないといけません。エリアなら、エリアの塗りを維持しなくてはいけません。

つまり、勝つにはオブジェクトに関わらないといけないのです。これは裏を返すと、

オブジェクトに関わろうとする敵をキルし続ければ負けない

ということになります。

 

初めのうちは、オブジェクトに関わろうとするイカをキルし、人数有利を作り、優勢に試合を運ぶことが基本だと考えていいでしょう。

細かい点は各ルールごとの解説をご覧ください。

この場では、オブジェクトに関わろうとする敵をキルすることが勝利への近道だと覚えておいてください。

※場合によっては自分が運び役になることも重要ですが、ここではその辺の解説は省略します。

 

基本その4 敵を挟み撃ちしよう!

スペシャルを合わせてもうまく打開できない。

キルを取っているのに、状況が好転しない。

というようなことがガチマッチでは起きてきます。

うまく打開・攻撃・押さえができない理由として、

「1方向からの攻撃だけになってしまっている」ことが考えられます。

 

マンタマリア号でのガチホコを例に出して説明していきたいと思います。

中央からホコを進めようとしたとき、正面に敵がいて前に出ることができません。

この時、正面の数が少なくても、相手が高台になっているため、攻めることは難しいです。(基本的にこのゲームは高台有利です)

時間を稼がれている間に、裏を取られてホコを止められる可能性もあります。

そこで、横の高台を取り、正面の援護をします。

このように2方向攻めることで、相手の注意を逸らしたり、

正面に集中している敵を不意打ちで倒したりできます。

特に短射程の武器は、イカ速も速く、回り込みやすいので、

攻撃時には積極的に回り込んでも良いでしょう。

とにかく、相手を挟み込んで、自分たちが戦いやすい状況にすることが大切です。

まとめ

①勝つためには生存し不利な状況を作らないようにする!(可能ならキルもする)

②不利な状況に追い込まれたら、味方とスペシャルを合わせて打開する!

③オブジェクトに関わる動きをする!

④味方と挟み撃ちを意識する!

これらを意識して立ち回るだけで、ガチマッチでの勝率も変わってくると思います。

とにかく考えてプレイすることが上達への近道ですのでがんばりましょう。

 


down

コメントする





最近のコメント