調味料のゲーム雑記

ゲームの感想・考察(スプラ多め)

スプラトゥーン2 ガチホコ立ち回り解説 ホコルートを吟味しよう

time 2018/09/17

スプラトゥーン2 ガチホコ立ち回り解説 ホコルートを吟味しよう

ガチヤグラでの勝つために必要なことは何なのか、理由も合わせて解説していきます。

ガチマッチ全般での基本については↓の記事にありますのでそちらをどうぞ。

https://game-soysauce.com/splatoon2rankedbattle/

オブジェクトの自由度の関係からガチエリア→ガチヤグラ→ガチホコ→ガチアサリ

という順に解説を見ることをおすすめします。

 

ガチホコの難しい点

 

言ってしまえば、ガチホコはガチエリア、ガチヤグラと比べると難しいです。

ガチエリアはオブジェクトが不動。

ガチヤグラは動き方が決まっている。

このようにオブジェクトに関わりやすい上、

塗る、乗るだけでカウントが進むので、言ってしまえば簡単です。

それに比べガチホコは、ホコを持つ人がルートを選択し、

他の人は先導や回り込みをしないといけません。

自由度が高い分、考えることが多いわけですね。

 

始めにホコの進め方の基本をまとめてしまいますと、

ホコを持っていない人は、敵陣に侵入していき、ホコが進む道を作る

ホコ持ちは、ホコショットで前線の援護をし、前に出る

 

どのルートを選択しても基本は変わらないので、

このコツを前提に話していきたいと思います。

 

 

初動のホコは割るべき?

試合が始まると、いわゆるホコ割りが始まります。

 

ホコはバリアに包まれており、

一定以上インクをかけるとバリアが爆発し、

ホコを確保できる状態になります。

 

このホコバリアの爆発の際、インクが飛び散ります

この飛び散るインクは、割ったチームのインクになります。

飛び散るインクにより、スペシャルが貯まりやすくなったりするので、

基本的に割れるなら割った方がいいです。

 

しかし、ここでまたガチホコの難しい点が出てきます。

ホコバリアの爆発は巻き込まれるとデスします。

短射程ブキなどの場合、ホコ割りに負けるとデスする危険性があります。

そして初動でデスをすると、味方が人数不利に追い込まれ

一気に攻め込まれてノックアウト、なんてこともよくあります。

そのため、敢えてホコ割りに参加せず、

相手のホコルートを塗りに行き、

初動ノックアウトを防ぎに行くのも戦術の1つです。

 

初動は味方と動きや武器構成に合わせて、

ホコ割りor防衛準備or裏取り、

などの行動を選択していくことが重要です。

つまり臨機応変にやれってことです。難しいんですけどね。

 

ちなみに、ホコ割り後の動きは、

人数有利を作ってホコ確保して前に出る。簡単ですね。

 

攻撃(カウントを進める)

本当は画像も交えて詳しく説明したいのですが、

ガチホコはステージごとに考えることが変わってくるので、

どこでも使える覚え書、として解説していきます。

ガチホコの立ち回りについては各ステージごとに順次作成していきます。

 

ホコは誰が持つ?

ガチヤグラに誰が乗るのか?というものと基本的には同じです。

基本的には、長射程武器が持ちましょう

ガチヤグラと一緒で、ホコを進めるために防衛を崩さないといけません

短射程武器は、回り込み、裏どりがしやすいので、

ホコは味方にまかせて、積極的に攻勢にでましょう。

 

ルートを選択する

ガチホコでは、ホコを運ぶルートが複数あります。

基本的にどのステージにも、

イカになって進める運びやすいが、カウントは少しずつ進むルート

進めにくいがうまくいけばカウントを稼げるルート、

の2種類のルートが存在します。

この2つから状況に応じてルートを選択していくことになります。

 

基本的には、①の進みやすいルートを選択しましょう。

②の方が攻め込むことができればカウントを稼げるのですが、

②のようなルートは大抵、塗れない床を歩きで進まなくてはいけなかったり

イカ状態でシャンブして渡らなくてはいけなかったり

攻めを継続することが困難だったり

カウンターされやすい場所だったり

デメリットもそれなりにあります。

そのため、基本的には進みやすい①のようなルートを選択するべきなのです。

 

ただ、やはりときには②のようなルートを選択することが有効なこともあります。

重要なのは、臨機応変に行動できるようにするためにも、

ステージごとにルートの特性を調べておくことです。

要は、ルート選択できるように、ステージを把握しておこう、ということですね。

 

防衛を崩す

基本的にはガチヤグラと一緒です。

高台や進行先の敵を倒しに行きましょう。

その際、ホコと完全に同じ方向から攻めるのだけではなく、

回り込んだり、裏取りすることも大切です

スペシャルで防衛を崩すことも積極的に狙っていきましょう。

 

防衛(ホコを止める)

まず、防衛ポジションを確保しましょう。

そのため、ホコ割り等で無駄に死なないことも大切です。

防衛も攻めと同じで、正面からだけではなく、

回り込んで味方と挟み込んで迎撃しましょう

ただ、この際正面に誰もいない状況にならないように注意

攻めの場合とは違い、試合が終了してしまう危険があるので、

回り込む際は、迅速に回り込み、正面の味方に負担をかける時間を短くしましょう。

 

スペシャルを合わせて打開を狙うのも、もちろん効果的です。

ただ、ホコが止まれば攻撃もいったん止まるので、

基本的にホコ持ちを優先して倒していきましょう。

場合によっては、ホコ持ちだけを狙うのもありです。

ただし、ホコと相打ちを続けても打開はしにくいので、

基本は、人数有利を作るということを頭に入れておきましょう。

 

延長戦

まずはガチホコの延長戦突入条件は、

カウントが負けているチームがホコを持っている

もしくは勝っているチームがホコを止めて、バリア割っている?、

この2つです。(違ってたらすみません)

 

延長終了の条件は

ホコを止める、

勝っているチームがホコをとる

ホコバリアが割られてから時間が経過する

この3点です。

つまり、防衛側はホコを止めればいいわけですね。

 

延長戦時は、まあ普通に打開すればいいんですけど、

ガチホコに関しては、他を無視してホコをキルする

ということも有効的です。

ただし、塗り状況が悪い中に単身突入していいわけではないので、

基本は人数有利を作って前線を上げていくというのを忘れずに。

 

逆に、攻撃側は、ホコを死守することが必要なのですが、

前に出ないと攻め切れないので、そこは適度に。

 

また、試合終了間際には、

勝っているときは、むやみにホコをもって前にでない

負けているときは、ホコを止めてなおかつ人数有利を作る

ことで勝ちを狙いやすくなります。

ただ、延長戦は攻めでも守りでもリスキーなので、

そもそも、延長戦にはならないように立ち回ることが大切ですね。

 

まとめ

いろいろと抽象的なことを書きましたが、

言いたいことだけ簡潔にまとめます。

 

ガチホコでは、攻撃・防衛では味方と挟み込むこと!

ステージごとにルートを把握すること!

 

たくさん書いてきましたが、この2つは絶対に必要な知識です。

心に留めておくと良いでしょう。


down

コメントする





最近のコメント